BONDS10大ニュース発表 その2
A草魂カップ、最終回のピンチを切り抜けての優勝
1点リードで迎えた最終回。先頭打者を塁にだし嫌なムードが高まる中、無死満塁と大ピンチに!
いつも冷静な池田監督も慌ててベンチから飛び出し、投手の交代を告げる。
「ここで交代かよ」と不満をあらわにする市川選手。が、選手が見事火消しに成功!
草魂カップ優勝の栄冠を手に入れるとともに、BONDSにとっても忘れられない試合であった。

B城南リーグ無傷の10連勝で完全優勝の快挙達成
今期BONDSが初参戦した城南リーグ。BONDSの実力を他球団にアピールする為
球団はエース村上を主戦として挑んだ。
結果村上投手は期待に応え6勝で最多勝を獲得。投球回数も1位タイと
文字通り「エース」と呼ぶに相応しい成績だった。
又、選手も打点トップ、永井飯田の2選手もホームラン2本でトップタイ
BONDS旋風が吹き荒れた城南リーグであった。

CBONDS長野キャンプ無事成功
BONDSの合宿と言えば茨城県波崎町。友好球団フリッパーズとの合同キャンプが
通例であったが、今回球団が選んだキャンプ地は長野であった。
強烈なキャンプ誘致合戦の末、各候補地との渉外にあたった球団フロントは、
「更なるBONDSの発展の為、また、今回は球団単独でのキャンプという
事、気持ちを新たに前進して欲しいという希望も含めて長野県にお願いした。」
と長野県に決定した経緯を説明。
市川名幹事がトスマシーン寄付と練習内容も充実し、天候も不安定ながら何とか持ちこたえ、
今回の長野キャンプは無事成功に終わった。

E「BBQ酒乱事件」
今年の夏、ボンズはお台場にてBBQを開催。
女性問題で問いつめられる30代男性や、彼女と野球という
究極の選択を迫られた去年の新人王。さらには「もう帰ります」
と弱気な発言をしてしまったビール好き20代男性
こんなに酔った姿初めて見たと小林さんに言われた新人二人
数多くの犠牲者を出し、和やかな雰囲気の元BBQは幕を閉じた。

F新入団選手はナイスガイ!
本格的なストーブリーグ突入を前に行われた試合形式のトライアウト
BONDSはDAVE選手(29)を獲得した。(登録名:デイブ)
池田監督は、「彼は非常に礼儀正しく、真面目な性格。
日本の野球にもチームにもすぐ溶け込めるだろう。」
と話し、BONDS自慢のクリーンナップトリオと競わせて更なる得点力アップ
と戦力の増大に笑顔が絶えなかった。
デイブ選手の魅力はなんと言ってもその長打力
テスト試合では、レギュラーメンバーがノーヒットの中、チーム唯一の
安打となる柵越えホームランを放つなどいきなりの活躍を見せた。
ポジションは、現在のところ未定であるが、レフトが有力とみられ
その場合は、藤田選手は通訳兼反省会担当になるとの報道も見られる。

H今年もルーキー当たり年!
常勝軍団としての地位を確立したBONDSの今期の新入団選手は3人。
衰えの目立つ後藤のカンフル剤として、飯田村上(竜)と相次ぎ
大物ショートの獲得に成功。更に将来のセカンド候補として、
実際にも若い芳野の獲得に成功した。
まず何といっても飯田選手の加入は非常に大きい。チーム本塁打ランキング
トップタイの打撃力と内、外野問わず守れる守備力は今期幾多のピンチを救う事となった。
フリッパーズから電撃移籍の村上竜司選手もその実力は折り紙つき。
今年はヒジの違和感に悩まされたが、サイドから繰り出す切れの良い
スライダーはBONDS自慢の投手陣の中でも一際輝いている。
もう1人の新人芳野選手も魅力十分。
長野キャンプで「1番成長した」と池田監督が言うように
ガッツ溢れる守備は、競争率の高い2塁手争いでは控え選手の中では
一番レギュラーに近い存在である。彼が打撃に開眼した時、
BONDSが常勝軍団から「無敵の軍団」へと変貌を遂げるだろう。
今シーズンのBONDSは、内野手を重点的に補強した。

Iボンズに女神現る!! いつのまにか見習い?スコアラーに!!
カリスママネージャー久美さんが御懐妊し、貴重なスコアラーの確保が急務となる中、
市川選手のセクハラに耐え新加入佐々木マネージャー、BONDSの一員に仲間入り。

J珍・仁義なき戦い?堤−市川戦争勃発か・・・
ここ数年沈静化が見られた投手と捕手の抗争事件が再び勃発!
BONDSは過去にも吉村選手が同期入団の下村投手の後頭部に
送球を命中させ、その後の選手生命を奪った事件があり、
球団は早期に調査委員会を発足、事態の究明に全力をあげている。

KBONDSの春団児藤田、「漢(おとこ)」になる!の巻
KSCブロック代表決定戦での敗色濃厚な場面、
チャンスで打席に立った藤田選手。ベンチからの
「死んでも打て!」、「男になって来い!」などの過剰な期待に
「はぁ?死んだら打てへんやんけ。」、「元々ワシは男や!っちゅうねんホンマ」
と心の中でツッコミを入れられるほど冷静だった。
果たして、彼の放った一打はサヨナラ勝ちを呼ぶきっかけとなり、
そして小林選手の犯した大きな過ちをさりげなく帳消しにする
まさに「(おとこ)」の仕事だった!

L番外編
・闘将相田美技連発でチームに喝!
  BONDSの闘将相田選手は城南リーグ、そしてKSCトーナメントでも再三にわたり
  ファインプレーでピンチを救い、チームの士気を高め続けた。
  その気持ちがチーム全体に広がりBONDSを常勝軍団の名を欲しいまま
  したのは周知のとおりである。

・えっ?うっそー!? 最後の大物独身・小宮山選手がまさかの結婚!
「砂埃が似合わない」と言い訳しているが
未だ、夫人を目撃したものはいない。
実は結婚したっていうのはガセネタか?

小林夫妻に第一子裕太くん誕生!!ボンズの平均年齢を下げる。
小林選手、第一子誕生で目に余る親バカぶりをみせる

・紅白戦ピンポイントの雨で中止
ハム君恐るべし。このところ参加率が低下しているハム君であるが
この日予定されていた紅白戦にピンポイントの豪雨をもたらし
中止に追い込んだ。

相田選手、天皇賞で負け後藤選手に八つ当たり。

さん、左打者から右打者へ!(ビヨンドマスターに変身)

藤田選手 今年のヒットはすべて記憶に残るものに!

後藤選手2年連続MVPにもっとも遠い選手に!


[Tokyo,2003/12/22 = 亀井亀夫]
PREVIOUS NEWS INDEX NEXT

©1996- BONDS All Right Reserved.